AGA対策にミノキシジルタブレットをおすすめします

title

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルタブレットとは、血行を促進し髪の毛の根元にある毛乳頭細胞を活性化させる作用があり、その効果で発毛を促進させる飲むタイプの育毛剤です。ミノキシジルには血管を拡張する作用があり、頭皮の血流を促進させる事で毛乳頭などを活性化させ発毛を促す効果があります。他にも育毛剤で有名なプロペシアは、AGAの原因である男性ホルモンに働きかけるので、これとは全く違う効き方をします。 ミノキシジルタブレットは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として開発されたものではなく、もともとは高血圧の治療薬として利用されていました。高血圧の治療でミノキシジルを服用した患者さんに副作用として多毛症などの発毛効果が認められた事から育毛剤としても開発がすすめられました。しかし、もともとは高血圧の治療を目的とした薬なので、血圧が正常な方が安全に服用するのは難しく服用するのは危険という結論から、内服薬ではなく、塗るタイプの外用薬として開発、販売に至りました。 今では薬局でも購入できる第1類医薬品にも配合されるなどAGAの治療薬として一般的に知られるようになりました。塗るだけでも高い育毛効果を発揮しますが、服用する事により、吸収率が上がり高い効果を発揮します。

製造元

ミノキシジルタブレットは以下の製薬会社より、異なる商品名で販売されています。

  • ファイザー社:ロニテン
  • TO Med社:ノキシジル
  • Par Phaemaceutical社:Par Phaemaceutical社
  • インタスファーマ社:ロニタブ

ミノキシジルタブレットの正式な名称は「ノキシジル」です。しかし、これでは少し分かりにくいので「ミノキシジルタブレット」という呼ばれるようになったと言われています。

髪の毛以外の体毛も濃くなった、服用後吐き気が出る等の副作用もありますが、その分高い育毛効果を発揮し、どのメーカーから販売されている製品も、「髪の毛が生えてきた」など効果があったと好評のようです。

それぞれミノキシジルの含有量は同じでも、メーカーを変えてみると副作用が出たという口コミを多々見かけますが、これは、各メーカーごとに製造方法やその他配合されている成分の違いがあるためです。試してみて副作用を強く感じた場合は、服用を中止し医師の診断を受けましょう。

有効成分

ミノキシジルタブレットの有効成分はその名もずばり「ミノキシジル」です。このミノキシジルは血管に作用し、髪の毛を生えやすくする環境を整える効果があります。服用する事により、血管が拡張し、それによって滞っている頭皮の血流を改善する作用があります。

AGAで悩んでいる方は、髪の毛自体が成長する力はあるものの、血行が悪いために成長途中で抜け落ちて行ってしまう。という方がほとんどです。薄毛の方の多くは、頭皮の血管が思っている以上に萎縮していて、それによって血行が悪くなっています。頭は心臓よりも高い位置にあるので、血液が届きづらくなるようです。

頭皮へ塗布するタイプもありますが、頭皮からの吸収率は低く、その効果を最大限に受けるのは難しくなります。

ミノキシジル(液体)との違い

一番の違いは成分の吸収率です。まず、塗るタイプは吸収率は最大でも15%とあまり良いとは言えません。その理由は、ミノキシジルの配合濃度を濃くすると液体の粘度も上がてしまうためです。液体の粘度が上がると頭皮への浸透率が低くなってしまうので、効果もいまいち上がらないというわけです。ミノキシジルの配合濃度15%といのうが、ギリギリのラインであるといえます。

また、塗るタイプのミノキシジル配合育毛剤でかぶれてしまう人もいるようです。これは、ミノキシジルの副作用ではなくその他の添加物が原因でかぶれてしまっている可能性があるので、その際は使用を中止し他の育毛剤に変える事で改善される場合があります。

この塗るタイプのミノキシジルは、病院処方してもらわなければいけないものではなく、近所の薬局やドラッグストアでも購入ができるので、手軽に手に取りやすいというメリットがあります。CMでも放映されているので、試した事はないけれど名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

ミノキシジルタブレットはもともは、高血圧の方が血圧を下げる目的で服用する降圧剤として開発されたものなので、血管拡張作用があり、その効果により血流が促られるので頭皮へも十分に栄養が届けられるので高い育毛効果が期待できるのです。

塗るタイプでも高い効果がありますが、皮膚には外からのばい菌などの侵入を防ぐ皮膚バリア機能というものがあります。そのバリアが普段生活するうえで私たちを守ってくれるのですが、逆にこの機能が薬の有効成分の吸収を妨げる為、体内に思うように浸透する事ができません。

そのため、液体のミノキシジルに比べ、内服薬のミノキシジルタブレットは体内へ直接吸収されるので、その効果を最大限に発揮することができます。

しかし、効果が高く、直接体内へ吸収されるので、塗り薬のミノキシジルに比べ副作用の危険性も高まります。よく報告される事例として、

  • 体毛の増加
  • めまいや動悸
  • 初期脱毛
  • リバウンド

があげられます。

体毛の増加は、副作用であり育毛を目的として服用している人にとっては嬉しい効果ですね。問題なのは2点目に挙げた「めまいや動悸」といった副作用です。

先にも記載しましたが、血管を拡張させ血流を促す事で血圧を下げるを目的とした降圧剤の薬なので、血圧が正常な健康な人だったり、もともと低血圧な人が服用すると、循環器系に異常が生じる可能性が高くなります。その異常が、血圧の低下によるめまいや頭痛、食欲不振や吐き気、さらに悪化すると動悸などが現れるようになります。循環器系が弱い方は自己判断で服用してはいけません。

内服薬のミノキシジルタブレットは効果が高い反面、危険な副作用が現れる可能性も高くなります。薄毛に効くからと、自己判断で始めてしまうと思わぬ危険が生じてしまう恐れがあります。服用を開始する際は必ず医師の診察を受け、その指導の元、正しく服用する事が何よりも大切です。

icon